2012-03-04

セキュリティ&プログラミングキャンプの方向転換について

キュリティ&ログラミングキャンプ、セプキャン。

ちょっと話題になってから時間立っちゃったけど言及しておく:

いろいろ twitter 等で嫌な噂は流れていたけど、ちょっと気になる公式発表があった。

見るにほとんどのセキュリティ&プログラミングキャンプ 2011 までの実行委員が居なくなってる感。

この情報でも確定とは言えないけどおそらくプログラミングコースは無くなる、現行のセキュリティコースの構成も大幅に変わるかもなぁ。

セキュリティ・キャンプ実施協議会 設⽴趣意書 (PDF) によると、

2012 年度から上記のキャンプをセキュリティ⼈材育成にフォーカスすることとし

たぶん、セプキャンの「プ」が消えるのかな。これで。「プ」、つまりプログラミング関係のクラスがあっても 今までの言語組 (セプキャン2011までのプログラミングコースのプログラミング言語クラス) のような感じではないんだろうな。

あと、セキュリティの方も今まで通りとは行かない気がする。どうなるんだろうなー。

いつかチューター参加できたらいいな、と思ってたけどたぶんその夢(?)は早くも崩れることになりそう。

おそらく、まぁたぶん最後の言語組に参加できてとても良かった。ありがとうございました。

今年の言語組に参加したいと思っていた人は残念。続報を待たないとなんとも言えないが無い可能性高いかも…

でも、セキュリティなクラスに参加する人は希望はまだあるから大丈夫だと思うよ。

よくある教訓としてはいつか続いてる物に終わりは来る (特に IPA は役所だという事を考えるともっと) ので、参加できる環境にあるなら なるべく早くこういう物には参加すべき。という事。例としては IPA の未踏ユース とかもいつ終わるかわからないのでお早めに、という。

Disclaimer: 個人の見解・推測を大幅に含んでいます。まだ推測に過ぎないので今後の公式続報でこの記事中の内容は変わる可能性があります。

Published at 2012-03-04 15:49:19 +0900 | Permalink